ビジネステロリスト 原田翔太の公式サイト

ブログ 小っちゃな革命の会

よくある質問

よくいただく質問に関して、追加した順番に掲載しておきました。
お問い合わせを頂く際は、一度同じ内容がないか目を通してから頂けると幸いです。

一般的な内容に関してのよくある質問Q&A

教材・コンテンツ販売のプロデュースに関して
教材販売を行いたいと考えているのですが、といったお問い合わせを頂くことがございます。
当社では、コンテンツビジネスをプロデュースという形で、あなたがお持ちのコンテンツを商品化し、インターネットマーケティングを展開し、より多くの人たちに届けるお手伝いをさせて頂いております。
プロデュースをご希望の方は下記をご明記の上、ご連絡ください。
●どのような商品か?
●どのようなキーワードか?
●どのような人たちがターゲットか?
●これまでの販売実績(現時点では0でも構いません。)
●なぜ当社にご依頼頂いたのか?
お問い合わせはこちらからお願いします。
頂いたご連絡には全て目を通させていただいた上で、お返事と、詳しい条件などの詳細資料をお送り致します。
出版社、出版プロデューサー、編集者の方へ(執筆依頼に関して)
版元さま(出版社)からのご連絡はいつでもお待ちしております。
ただし、前提としてご相談の際は、どのような企画をお考えか、初版部数、印税率、出版時期、などの提案条件をご明記の上、お問合わせフォームよりご連絡ください。

あらかじめ前提をお伝えさせていただくと、企画打診の際、初版部数は最低7000部以上からお願いしております。それ以下の案件に関しては条件次第ですが、原則としてある程度まとまった部数での発刊ができないものに関しては、お受けするのがスケジュールの都合上優先順位を上げることが難しいこともあり、結果的にお断りさせていただかなくてはいけないことも多いかと思います。1案件ずつ丁寧に本作りをしていきたいと考えておりますので、何卒勝手なお願いではありますがご了承頂ければ幸いです。

*いずれもあくまで「たたき台」としてで構いません。ある程度具体的にお伝えいただけないとなかなかお返事しにくいものですので、ご協力くださいませ。

必ずお受けするお約束をするものではありませんが、頂いた企画に関しては全て直接目を通させて頂いた上で、お返事をさせて頂きます。
これまでお付き合いのある版元さまに関しては、ご遠慮なくいつでも直接ご連絡ください。
サイト制作をお願いしたいのですがおいくらくらいでしょうか?
ウェブサイトの制作のご依頼は、もっともよく頂くご相談です。
サイトの制作というのは、

●何が目的か?
●どのくらいのページ数があるか?
●どのようなデザインにしたいか?
●システムは必要か?

などに応じてかなり料金が変わってきます。

世間では「ぜんぶ丸ごとやって、20万でOKです!」というような格安のホームページ制作会社があることも事実です。

しかし、実際のところその価格で本当にクオリティの高いものができるわけがありません。
せっかくウェブサイトを作ったり、リニューアルしたのに、ほとんど成果が出ないまま、無駄に高い保守費用の請求書だけが届き続ける・・・

こんな風になりたいと思う人はいませんよね。

私たちが手掛けるウェブサイト制作は、まずお手伝えしておくと「格安」ではありません。

最低でも100万円以上~とお考えください。

いわゆる会社概要的なサイトの場合、おおよそ200万円前後。
このWEB戦略会議のようなサイトの場合300万円前後。
ECサイトの場合200万円~

という感じです。

もしご希望のイメージがすでにあるようでしたら、まずはお見積りを致しますのでお気軽にご連絡ください。お見積りは完全無料です。

ただのホームページ制作会社ではなく、これまで多くのECサイトや、ウェブビジネス成功の裏側を覗いた「裏の裏まで知る」ウェブの仕掛け人があなたのウェブサイトを全力でプロデュースさせていただきます。
【セミナー依頼】セミナー開催地が遠方なのですが、対応可能なのでしょうか?
東京や首都圏以外であっても構いません。ただし、その際の交通費は実費ご負担下さいませ。宿泊費に関してはご提示頂く講師料に気持ち含んで頂ければ構いません。

*気を使って、グリーン車やビジネスクラス待遇などにしてくださる方がいらっしゃるのですが、そういったお気づかいをどうぞなさらないでください。普通車で全く構いません。
【提携】JV(ジョイントベンチャー)は募集されていますか?パートナーにはどのように応募すればよいでしょうか?
はい。

あらゆる業種の方、法人企業様からのJV提案を受け付けております。

弊社との提携をご希望の方はお問い合わせフォームより、現在考えていらっしゃる概要をお伝え下さい。

弊社ではこれまで、マーケティング会社、ソフトウェア開発会社様、広告代理店様などと共にユニークで柔軟な形態のJVを展開してきました。

お互いの労力を分け合い、利益配分を行うJVはビジネスの中でも短期間のうちに大きな成果を生み出せる、小規模事業主にとって魔法の杖のような存在です。

志を共有できる素晴らしいパートナーと巡り合えることを楽しみにしています。

*これまで知人ベースからの紹介のみでお話を伺ってきました。一般公募窓口開設にあたり、多数のお問い合わせを頂いておりますので、以下の要件は最低限必ず押さえた上でご相談ください。

●プロジェクトの主体者のお名前+自己紹介
●プロジェクトに参加する方たちはどのような方たちか?
●ビジネスモデル及び弊社に依頼したい領域に関しての概要説明
●なぜ弊社(もしくは原田)と組みたいのか?
●プロジェクト想定期間
●利益配分の構想

内容を拝見させて頂いた上で、双方にとって有益であると弊社が判断した場合、お打合せのご連絡をさせて頂きます。

■応募資格に関して
個人、個人事業主、法人の団体種別は一切問いません。
20歳以上の男女で自己責任においてビジネスに主体的に取り組めることが条件となります。

■よくあるJVモデルとして
下記のようなモデルは過去にも事例があり、大きな成果を出したことのある協業形態です。応募時の参考にしてください。もちろん、下記以外の面白いご提案もお待ちしています。

・弊社が実力と将来性のある人物に対してプロデュースを行い、ブランディングおよびマーケティングを仕掛ける。
・弊社があなたがお持ちのアイデアを具現化し、必要であればソフトウェア開発を行い、市場に対してマーケティングを仕掛け販売する。
・あなたがお持ちのウェブサイトアイデアをお聞きし、共同運営をする。
・あなたがすでにお持ちの商品を弊社が、OEMもしくは独占代理販売商品としてマーケティングを行い販売する。

■利益配分モデル
双方の負担度合(業務の負荷具合、初期費用の持ち出しの有無・高低など)を考慮し、30~80%程度の利益配分となります。こちらはお話をお聞きした上で弊社で決定した利益配分をお伝えし、妥当であると判断されれば合意・契約となります。

■お請けできないケースに関して
なお、反社会勢力及び宗教団体、MLM(マルチレベルマーケティング)、ネズミ講などへのご協力及び協業提携は内容の如何を問わず弊社ではお請け致しかねます。
LP(ランディングページ制作)はやってもらえますか?
はい、やっております。

LP(ランディングページ)とは、基本的には物販、資料請求、問い合わせ獲得などのコンバージョンを目的とした1枚ものの訴求力が高いページを指します。

広告、アフィリエイト集客、メルマガなど何らかの告知手段を経由して、着地(ランディング)させる飛ばし先のページのことを意味します。

このページの出来の良し悪しで、広告の費用対効果は大きく変わります。

たとえば成約率が1%のサイトに飛ばす場合と、10%のサイトに飛ばす場合では同じ広告費をかけた場合でも、成果に10倍もの差が生じます。

仮に10万円の広告を支払った場合、単価が1万円だとして、1万人集めたとしましょう。

●1%の場合
1万人の1%=100人×1万円の商品を販売=100万円
100万円-10万円(広告費)=90万円が手元に残る!

●成約率10%の場合
1万人の10%=1000人×1万円の商品を販売=1000万円
1000万円-10万円(広告費)=990万円が手元に残る!

*あくまでわかりやすい例として商品原価や人件費、間接経費などは省いています。

これだけ見てもわかるとおり、数%の差がビジネス上の数字としては、大きなインパクトをもたらすのです。

弊社では、長年インターネットマーケティングの現場第一線で様々な形のランディングページを自社・他社への導入から研究してきました。

極めて精度の高い、効果の出るランディングページ制作がモットーです。

概算で70万~で、成約率がグンとアップする強力なランディングページ制作が可能です。
まずは一度お問い合わせください。
セールスレター(コピーライティング)の代行はやってもらえますか?
可能です。

このサイトをリニューアルする前までは、メニューとして設けていたのですが、今回から、個別相談にて可能ということにさせていただきました。

料金は、52万5000円~210万円程度です。
文章(テキスト)データのみの納品の場合は52万5000円。
デザイン及びコーディングまで含めてひとつのランディングページとして制作する場合は80万円。
複数ページにまたがる場合は、ページ数にもよりますが120万円~210万円程度とお考えください。

セールスレター執筆代行の流れ

1、お問い合わせ

お問い合わせからお気軽にご相談ください。折り返し詳しい資料・ご案内を差し上げます。初めての方は御社・ご担当者様や、扱う商品などをご紹介くださるとスムーズなご案内をさせて頂けるのでありがたいです。

2、ヒアリング

対面もしくは、お電話にてヒアリングを一度行います。東京・新宿御苑にある弊社事務所までお越し下さい。(遠方の場合は電話にて行います)この段階で、綿密にレターの方向などについて打ち合わせます。

3、商材の確認

実際に提供されている商品をお送りいただくか、ヒアリングの際にお持ちください。
内容を十分に把握し、レター作成のための資料とさせて頂きます。

4、設計
前フェーズでの資料を十分把握した上で、的確なターゲッティングを行いセールスレターの設計に入ります。ここが一番重要な作業工程になりますので、クライアント様も一緒に脳みそに汗をかいて頂きます。

5、執筆

弊社のレターライティングノウハウをフル活用し、訴求力の高い効果的なセールスレターを作成していきます。あなたの商材の紹介文に魂が宿る瞬間です。

6、確認
私たちがかけた魔法を確認して頂くフェーズです。目が覚めるような強烈に引き付けるコピー、商材の魅力を余すところなく伝える的確な技術に加え、弊社でしか実現できない独特のライティングマジックをお楽しみ下さい。

7、修正

その上で、細かな部分の調整を行います。セールスレターは一文字一句が命。お客さまが商品を購入することを決意し、決済完了画面が出るまでが仕事です。最後の詰めを行い、日本最高レベルのセールスレターへ昇華させていきます。

8、完成~運用

おめでとうございます!セールスレターの完成です!後は商材の販売に集中してください。拡販戦略のためのブレーンや具体的な販売ロジックについて強力な支援が必要な方は、弊社の顧問コンサルティングサービスや、対面コンサルティングサービスをご利用下さい。

料金などに関して

# 一律52万5000円~210万円/商品・プロジェクト単位

#   お支払い方法:前払い(プロジェクト開始が決定してから初回キックオフMTGまでに前払い制でお願いしております。)

*プロジェクト・案件内容によって価格や請負範囲などはフレクシブルに対応しております。単純な1商品分というような計上が難しい内容の場合、お問い合わせからその旨をお伝え下さい。相談しながら進めていきましょう。

*ありがたいことに多数のお客様にお申し込み頂いております。料金は今年中に近日改定(値上げ)を行う予定です。
この金額は他社様の平均よりも高額な設定となっておりますが、弊社では価格面での競争は一切行っておりません。弊社のセールスレターのクオリティは唯一無二であるとの認識から、相対的な価格設定よりも、アウトプット(成果物)として生み出される文章自体の価値への対価だとお考え下さい。

*価格面で優位な業者を選びたいとお考えでしたら、楽天ビジネスなどのビジネスマッチングサイトをご利用頂きますと安価な外注先を見つけることができますので、そちらをご検討下さい。

ご注意

私のセールスレターを見た誰もが『唯一無二』、『超独特』であると口を揃えていいます。完全に独特で、誰も真似することができないところに私のライティングの真髄があります。一見するとわからないような部分に原田の爆発的な販売力を誇るセールスレターの秘密が隠されているからです。高度にマーケティング的なレイヤーを何重にも重ねた設計になっているため、もしかするとあなたは私の意図に気づけないかもしれません。(しかし、それこそが狙いだったりもします。)

たとえば、マーケティング上で有利であると判断した場合は、通常世間的に共有されている『セールスレターライティングのノウハウ』や、『売れる文章の法則』などを完全に無視することもあるでしょう。売れる文章、売れるセールスレターとは決して定型化された『ノウハウ』をなぞることではないのです。

同業者からも日本最強の呼び名高い原田のセールスレター執筆サービスでは以下のような方のお申し込みをお断りさせて頂いております。

* 定型文的なセールスレター執筆をお求めの方
* 原田を下請けのライティング代行業者として単純に業務を投げたいだけの方
* 自分では一切何も考えたくない怠惰な経営者
* 脳みそに汗をかくことが嫌いな方
* ・・・etc 言いたいことはだいたいお分かりだと思うので省略します。笑

⇒上記に該当する可能性のある方は申し訳ございませんが他社を当たられますようお願い申し上げます。

セールスレターの執筆代行を弊社へご依頼の際は、「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。折り返しご連絡させていただきます。
【面会】原田さんにお会いしてみたいのですが?
お会いしたいと言って頂けることは、どんな方に言われてもとても嬉しいです。
これは、本音です。

しかし、同時に時間というのは限られているものです。
全ての「会いたい」というご要望には残念ながら叶えることはできないのが現実です。

また、私はコンサルタントとして有料でアドバイスをさせていただくことを仕事にしています。

既に私とお付き合いさせて頂いているクライアントさんもおりますので、無償でお会いしてアドバイスを差し上げるということは不平等、不誠実になってしまいます。そのため申し訳ないのですが、お断りしているのが現状です。

以前「とりあえず一度お会いしたい」という方が相当な数になってしまったことがあり、業務に支障をきたすレベルになってしまったという経緯もあります。

(*お会いしたいというご連絡をいただいたこと自体は大変光栄なのですが、私どもは少数精鋭で日常業務を回しており、全国にクライアント様を抱えている手前、このようにさせて頂いております。ご理解いただければ幸いです。)

仮に、どうしても会いたい、お話しをしたい、相談をしたいという場合は、原則として"個別コンサルティング制度"というサービスを利用していただいて、お話ししていただく形をご案内させて頂いております。

▼「個別コンサルティング」制度のご案内ページ
http://haradashota.jp/consulting/taimenconsul/

こちらの制度は、私が直接お会いして、ビジネスに対するアドバイスを行わせていただくものです。

コンサルティング時間・費用は、2時間(105,000 円)~となっており、その中で、具体的で最適なアドバイス・ご提案をさせていただいています。
もし当コンサルティング制度のご利用をご希望されるようでしたら、上記のページからお申し込みをお願いします。



ご相談の場合は、このようにさせて頂いているのですが、

仮に「ご相談」ではなく、

●ビジネス的な提案や、商談がしたい、アライアンス(提携)を組みたい…etc

といった、ビジネスアライアンスに関するお話しの場合や、
ただ、本当にどうしても会いたくて、会いたくて、会いたくて仕方ない場合は、是非ご連絡をください。

その会いたい理由はなぜなのか?そして、私と会うためにどのような工夫や提案ができるのか?

これを見させて頂いて、私が会ってみたいと思った場合はもしかするとお返事を差し上げることもできるかもしれません。お問い合わせフォームから、その旨ご連絡いただければと思います。

ただし、あらかじめお断りしておきますが、ダメだった場合にはお返事はできませんのでその点はあらかじめご了承ください。なぜダメか?という理由にも都度答えているとキリがないので、お答出来かねます。
【教材】これから起業をしたいのですが、原田さんの有料教材を 購入しなければいけませんか?何からしたら良いでしょうか?
いきなり有料教材を購入する必要はありません。まずは無料メールマガジン『原田翔太のここだけの話』にご登録いただくのが良いと思います。そのうえで、自分にとって必要な情報は何か?獲得していかなければいけないスキルは何か?を見つめて下さい。

私の顧問コンサルティングはかなりの高額ですので、いきなり受けて頂くのももちろん構わないのですが、まずは自分にとって適切なテーマの教材を購入して頂きそれを舐めるように吸収していくことで、部分的に欠けている部分のスキルは身に付けることができます。

私自身の起業前夜のことを思い出したとき、やはりノウハウを有料で得ていく前にできることというのがあります。お金がない起業前だからこそ、知恵を絞って、体を使って覚えていく。金銭的な投資を使って時間を買うのは、それを吸収する十分な下地ができてからでも遅くはありませんから。
【セミナー】原田さんのセミナーに行きたいと考えていますが、どうしたら 良いでしょうか?また、セミナーというものに参加したことがないので不安です・・・
ありがとうございます。私は年間10数回程度講演活動を行っています。
基本的にセミナーを行うタイミングで、ほぼ必ず『原田翔太のここだけの話』の中でお伝えをしていますので、メールマガジンをよくご購読頂き、都合のよいタイミングがあったら是非お越しください。

で、セミナーが怖いということについてですが、これは私もよく分かります。
なぜかというと、私自身『ビジネスセミナー』というものに対して、以前かなりの抵抗を感じていたからです。セミナーと聞くと、何か宗教やネズミ講的なにおいがしますよね。笑 かつての私はセミナーをそういうものの類だととらえて物凄く敬遠していたんです。

ですが、ある時事業者たちが集う大きな交流会のようなセミナーに参加する機会があり、それを起点にセミナーが如何に自分を加速させるかをまじまじと実感することになったのです。言うまでもなく、私の活動もその日を境に物凄くはずみが付きました。

セミナーに参加するメリットとしては、単純にセミナー講師の話で得られるノウハウや考え方の他にも、そこに来場している参加者たちの人脈形成という人的なレバレッジを構築できるチャンスもあります。(ひとつのセミナーをきっかけに後のビジネスパートナーになることもざらにあります。)

私が講師を務めるセミナーは、著名な起業家やマーケティング関連の書籍を出版されている先生方も頻繁に来場されますので、そういった方たちとの交流のチャンスでもあります。
現在の活動は?
現在原田は株式会社ユナイテッドリンクスジャパン 代表取締役社長としての実務に復帰致しました。

(2008年10月まで株式会社ウィルゲート常務取締役CMOとして、同社実務責任者としてULJのほうは離れていました。)

現在は、顧問先企業への支援と社外役員を務めるウィルゲートへのオブザーブ業務のほか、弊社においては、抱えている複数本の書籍執筆および、セミナーの準備などに専念しております。また、平時は弊社の主幹事業であるメディア運営やWeb制作事業などを行っております。

2009年は、皆さまの前でお会いできる機会を多数設けていきたいと考えておりますので、楽しみにしていてください。

よく頂く「コンサルティングに関して」のお問い合わせですが、現在は以下のようなステータスになっております。

現在顧問制度は、個別にお問い合わせがあり、打ち合わせをしてお受けする意味・意義が双方感じられた場合のみお受けしております。原則としてはまず対談コンサルティングで一度ご面会下さい。顧問制度はお客様にとっても金銭負担の少ないものではないですし、弊社にとってもかなりの労力と時間を割いて行うものですので、双方にとって良い形をまず確認させて頂いております。

会員制度は現在準備中です。
こちらは、通常の顧問制度では金額的に高くて原田の支援を受けたいが、受けられないという方たちのために、創設することにいたしました。良いサービスをご提供させて頂きたいので、準備にお時間頂きますが、少々お待ち下さい。

対面のコンサルティング制度は受け付け可能です。
お申し込み後、スタッフからご希望のお日にちを確認させて頂き、原田のスケジュールを確認し、折り返しお会いできるお日にちを伝えさせて頂いております。

コンサルティングに関してのよくある質問Q&A

コンサルティングで教えることと、 セミナーや教材の中で教えることは違うのでしょうか?
結論から言うと、セミナーや教材の中でお話することは私のメソッドの体系であり、総合的なものですから汎用性を重視した最大公約数的な内容です。

対して、コンサルティングでは、それぞれの事業者のビジネスをまずお聞かせ頂き、全体を私のほうで把握することから始まります。ビジネスモデルという全体から、扱う商品、そのビジネスの市場性、競合状況、などの外部環境を総合的に加味した上で、独自の戦略モデルを構築していくことに主眼があります。

基礎に対する発展・応用という考えでしょうか。
いずれにせよ、個別の事項に対応するにはセミナー・教材だけでは事実として不可能であることから、別個にご自身のビジネスについてのアドバイスがほしいという場合にコンサルティングをお受けしております。
地方にある企業ですが相談できますか?
はい。ユナイテッドリンクスジャパンでは、全国のお客さまにご支援させていただいております。コンサルタントが現場に伺ってプロジェクトを推進させていただきます。

例えばメーカーさんの場合は、本社は東京だけど、工場は地方にあるといったケースがあるかと思います。支援先が地方の場合は、地方まで伺うことができますので、ご相談ください。

*地方出張の場合は関東圏内の場合、交通費実費。関東圏外の場合は交通費及び宿泊費が掛かりますことをご了承ください。
コンサルタントはどのような方々ですか?
弊社代表である原田翔太に関しては原田翔太プロフィールをご覧ください。
基本的に対面コンサルティングでは、原田本人が直接ご対応させて頂きます。

顧問制度では、弊社社員コンサルタントが、部分/全体的にご対応させて頂く場合もございます。
弊社では実際に経営経験がある元社長や、経営幹部もおりますので、最も最適なコンサルタントをアサインさせて頂いております。いずれのケースでも、原田が全てのプロジェクトに関してオブザーブは行っておりますのでご安心ください。

また、特別ご要望があれば対面コンサルティングでも、弊社社員コンサルタントが御面会させて頂くことも可能ですので、その場合はその旨お伝え下さいませ。
コンサルティングの実際の内容はどのようなものですか?
ケースバイケースです。
ご支援させて頂く企業によって、現在抱えている問題や課題は全く異なるからです。

一般的な表現で言うと、当社のコンサルティングは業績アップを目的として、企業内のリソースだけでは、解決できない、又は解決しにくい『経営課題の解決』を支援するものです。

企業内のメンバーでは、気付き難い『ものの見方』『考え方』や『コンサルティングノウハウ』を提供し、より早く、より確実に、より大きな効果を出す支援を行います。

・・・が、これはあくまで物凄く一般化した「コンサルティングの内容」だとご理解ください。
その時期、その場、その瞬間によって、解決すべき問題は本当に企業によって千差万別です。

ご自身が「これが一番の課題だ」と、思い込んでいたものが、実は私たちから見ればそれほど重要ではなく、他にまず解決すべきより重大な課題が存在するといったことは往々にしてよくあることだったりします。

私たちは、パッケージを販売する定型サービスの販売会社ではございませんので、クライアントごとに固有の問題を探り出し、解決へ導く完全ハンドメイド型のコンサルティングをご提供させて頂いております。
土日・祝日でも研修は可能ですか?
可能です。
逆に、お客様が地方の場合は、出張対応のため土日に設定させて頂くことがございます。

通常、対面でのアドバイス・研修を行う際は、平日に行う場合がほとんどですが、仮に土日の場合でも、弊社都合の場合は、費用は変わりませんので、ご安心ください。御社都合の場合は、平日とは異なる場合がございますが、お気軽にご相談いただければと思います。
コンサルティング費用は高いと聞いていますが、実際はどうですか?
絶対価格から見れば、コンサルティングというサービスは決して安価なものではありません。
当社の場合でも、顧問制度の場合はそれなりの費用が発生します。

コンサルタントへ支払う対価に関しては、社員を一人雇用したことを想像してみてください。
額面給与が30万だとすると、諸々を上乗せしておおよそ40万程度の月額人件費がかかってきます。

しかし、社員の場合は、実際に雇用するまで、本当に実力があるかどうか、本当に業務で成果を出してくれるかは極めて不明確なものです。

利用するまで真価はわからないのは、コンサルタントも同様ですが、少なくともコンサルタントを選択する際はこれまでの実績や、経験に裏打ちされた提供されている情報から、選択することが可能です。
なので、業績アップを目的とする場合、ある程度高い確度・精度でご自身で選んでいただくことができるのが良い点だと思います。

また、コンサルタントを入れることで、社員の意識改革や育成、定量的なコストダウンなどの効果が実現できれば、費用対効果の観点からは、むしろ安いとも言えるでしょう。

また、当社では、開業前の準備中の方や、起業したてのアーリーステージの起業家、企業に対しても積極的な支援をしていきたいと考えているため、比較的、相場よりも少し低めの報酬に設定してあります。
コンサルティングの期間は、どのくらいですか?
結論から申し上げますと、ケースバイケースです。
コンサルティングの期間は、現在抱えている経営上の課題や、問題の内容や難易度によって異なります。

参考までにお伝えさせて頂くと、短期の企画やプロジェクトの場合、3ヶ月前後の場合もあります。
通常は最低半年からの契約の中で、ある程度のスパンを見ておいて頂ければと思います。
長いお客様では、もう2年以上弊社によるご支援をさせて頂いている企業様もいらっしゃいます。
BtoBのビジネスをしていますが、Webサイトに力をいれる必要はあるのですか?
逆にいえば、やらない理由がありません。むしろやらないという選択自体がリスクです。

例えば、私が経営しているSEO会社では、営業手段としてテレマーケティングを導入していた時期がありました。
そのさい、テレアポ業務を外部委託するために、テレマーケティング会社をウェブで探しました。

BtoBのモデルで、ウェブからの受注は確かに個人客相手のビジネスよりは件数自体は少ないことが多いです。
しかし、対法人の事業というのは、顧客単価がそれこそ数10万~数千万ということはザラですから、1件が非常に大きいのです。

ウェブ検索という「情報収集」の手段が一般化した今、多くの法人担当者はウェブを介して、業者の選定を行っています。
その時に、あなたのサイトがなければ、顧客の大半はその他の力を入れている業者に取られてしまうことになります。

逆に、現在ウェブサイトに力を入れている会社がほとんどないような業界では、もしかするとあなたの会社が、ウェブの世界では圧倒的なNO1シェアを握れる可能性もあります。

例えば書籍の流通では、紀伊国屋書店がリーダーですが、ウェブの世界では紀伊国屋のウェブサイトよりも断然アマゾンがシェアを握っているのと同じような原理です。
ウェブの世界では、大きな会社であっても、小さな会社や、リアルの世界では「弱者」とされるような会社でも大逆転することが可能なのです。

そんな「弱者が強者を飲み込む」ゲリラ戦略・戦術を私たちはこれまで研究を重ね、自社での実践、クライアントのご支援を通じて培ってきました。
BtoBのウェブ展開に関しても、ぜひご相談いただければと思います。
Web戦略全般をサポートしてもらうことは可能でしょうか?
もちろんです。守備範囲の広さが弊社の特徴でもあります。
ウェブに関しては、企画、設計、運用計画、プロモーション戦略の立案から具体的な施策単位レベルの策定、効果測定メソッドの導入・実施、広告出稿業務の補助、及び各項目に関するクリエイティブまでアドバイスを行っています。
これは当社がこれまでプレイヤーとして培ってきた「現場を知るコンサルタント集団」だから実現できることだと思います。
また、これまでのクライアントの事例をベースに、自社でも活用している200以上に上る体系的ウェブ戦略リストをまとめ上げています。
このリストを基に、具体的な目標やアクションを成功させるための効果の高いコンサルティングをご提供させて頂いております。
手間をかけて制作したWebサイトなのに成果が上がりません。
まず知っておいていただきたいのは「手間をかけてサイトを作った=成果が上がる」ではないということです。
サイト制作というのはあくまで箱を作ったにすぎません。どんなに緻密に練りこんで構築したサイトでも、そこにお客さんを呼び込まなければ、全くビジネスとしての成果には結びつかないのです。

また、設計段階からその時に「これが最高だ」と思って作り上げたウェブサイトでも、運用後に思ったほどの成果には結びつかなかったということは、ウェブビジネスの現場では往々にしてよくあることです。

何が問題なのか把握し、誰に対して何をどう訴えたいのか、現状把握とターゲットの把握を再確認して、継続的な改善を行っていく以外に、正解へたどりつく方法はありません。当社はこういった、ウェブビジネスの現場における「成果」にフォーカスしたご支援をさせて頂いておりますので、ぜひ一度ご相談ください。
商品企画のコンサルタントもお願いできますか?
1つの業界にいると、なかなか他の業界の動向まで知ることはできません。
私たちは、さまざまな業界・業種のマーケティングとブランディングに関わり、多くの経験とノウハウを蓄積してきました。
それらを活かし、新たな視点で商品やサービスのコンセプト開発をサポートいたします。
契約期間はどのぐらいですか?
1ヶ月単位の請け負いとなります。
このサイトみたいながっしりした仕組みのサイトがほしいんですが・・・
ありがとうございます。
嬉しいことに、このようなご相談をよくいただきます。

当社のウェブサイトではCMS(コンテンツマネージメントシステム)という高度なサイト管理システムを導入しています。そのため、見た目部分だけでなく、バックヤード業務の部分でも複数人による管理体制などが実現可能なっていたり、非常にシンプルかつパワフルな運用が可能なのが特徴です。

同様なサイトシステムをご希望の場合はお問い合わせフォームからご連絡ください。
概算見積もりとしておおよそ200~400万程度かかりますが弊社にて制作を請け負うことも可能です。

この金額は一般的相場よりも少し高めですが、それだけ当社がこれまでウェブビジネスの現場にいる中で、研ぎ澄まし、突き詰めた結論ですので、結果を求める企業様には非常に高い費用対効果をご提供できるのではないかと思います。

TOP